Column

2019/07/31

北部経済活性化に邁進(13APR2005)

 ベトナム北部のYen Bai省は、32の投資案件をハノイで発表した。主な事業は、農林水産業で特に、木材加工、水産加工 そして養魚を力点が置かれている。昨年、この省は30の投資を呼び込み、その合計資本額は190億ドルを超えた。この内、10の投資案件が年内に実行に移される予定だ。約180Km

ハノイから離れたこの省の過去3年間の経済成長率は9.5%である。

(筆者ブログ寸評) 
 都市部から離れた各省は、現実 自然が売り物である。故に、初めは第一次産業に頼らず逐えない。しかし、田舎と言っても、先に記された経済成長率は ほぼ妥当な数字といえるほど、成長が著しいのも事実。
 これらの産業で一山当てた人々は、田舎の風景にそぐわぬ豪邸を建て、プラズマテレビを所有し、成金となって行き、その成功を見た人々は争って、その事業に投資し、全体が拡大して行くと言う構図だろう。こうして、産業から得た物資を運ぶためのインフラが整備されて行くのである。
 先進国では余り見向きもされなくなった第一次産業ではあるが、ベトナムではこの分野で成功する可能性は非常に高いのである。

親日国ベトナムで、日本ブランドを展開するなら今がチャンス!