Column

2020/01/12

飲酒運転イタチごっこの悲喜こもごも

 既に、至るところでニュースになっておりますが、今年1月1日からベトナムの道交法が一部改正施行を受け、これまでほとんど野放し状態だった国内での飲酒運転に対し、免許取り消しを含み高額の罰金が科せられるようになりました。

 これを受け、庶民は対策のひとつとして、施行後、SNSを通じて市場出回り始めた(中国製)のアルコールを溶解するという怪しげな即効解毒剤に群がる一方、街の飲食店では、警察官らが徒党を組み、なんと飲み屋の前で、違反者が出るのを手ぐすねを引いて待つ状況になっており、今日もベトナムは平常運転の様相を呈しております。

 

親日国ベトナムで、日本ブランドを展開するなら今がチャンス!