Column

2020/03/20

ベトナム避難民帰国ラッシュ始まる

 数千人にも及ぶベトナム人が、Covid-19避難民として、3月18日にベトナム帰国。およそ1,000人のベトナム人が、Covid-19の症例数と死亡者数が急増するイギリス・ドイツ・フランスからハノイに上陸。保健当局は、検疫ゾーンに移送される前に各乗客から問診票を受け取り内容を確認するが、その数が多いため、長蛇の列が出来た。

 北部航空局長のTran Hoai Phuong氏は、ここ数日の帰還ベトナム人数は通常よりも多いと話す。他にも凡そ5,700人の乗客が同日に78便を利用し東南アジア諸国からホーチミン市とハノイからベトナムへ入国する。またベトナム政府は同日、感染予防措置の一環として特別な場合を除き、すべての外国人への新規査証の発行を停止を決定した。現在、ベトナムは68件のCovid-19発症を確認しており、直近は3月14日にダナンに来た41歳のアメリカ人男性。

 

VNexpress 18MAR2020 抜粋要約

(ブログ筆者寸評)

 私事で甚だ恐縮なのだが、アメリカに留学中のわが家の娘も急遽、ベトナムに呼び戻すことにした。アメリカの大学も休校となり、当面オンライン授業に切り替えたことに加えて、万が一、本人が彼の地で発病となれば、今のような世界が切迫した環境の中、現地へゆき娘の身の回りの世話も出来ないだろうし、ただでさえ、アメリカではPCR検査だけでも、5千米ドルと高額で、これで治療ともなれば莫大な金額を請求されることになるだろう。

 またアメリカでは暴動に備えたアジア系アメリカ人が、自衛のために銃器類の売上が盛況との話もあるし、またサンフランシスコ市はロックアウトを17日に決行した。このブログが読者の皆さんに読まれる頃には、ニューヨーク市も同様の措置が取られているやも知れず、20日夜間にホーチミンへ到着予定の娘なのだが、果たして無事戻って来れるか気が気ではない。無事、帰国してもベトナム側で14日間の強制隔離の措置が講じられる可能性も高い。そうなった場合、娘にとっては気の毒だが、寧ろその方が安心な側面もある。いずれにせよ今はとにかく無事にベトナムへ戻って来れることが親としての願いである。

親日国ベトナムで、日本ブランドを展開するなら今がチャンス!